冠履倒易

かんりとうえき

このことわざの意味

人の地位や物事の価値などが上下逆になり、秩序が乱れていることのたとえで、頭にかぶる冠を足にはき、足にはく靴を頭に載せるという意味から。「倒易」あべこべになる意味。

似ている意味のことわざ

本末転倒

Search by initials