屋烏の愛

おくうのあい

このことわざの意味

相手に対する愛情が、きわめて深いことのたとえで、人を深く愛するようになると、その人の家の屋根に止まっている烏までもかわいらしく見えるという意味。「愛、屋烏に及ぶ」ともいう。

似ている意味のことわざ

反対の意味のことわざ

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い

Search by initials